本文へスキップ

学校法人 黎明学園

電話でのお問い合わせはTEL.048-886-5585

〒330-0073 埼玉県さいたま市浦和区元町2-11-4

れいめい幼稚園ってどんなところ?policy

保育目標

教育方針イメージ

当園では「人と関わる力」と幼児自らの意欲を重視する「自ら発見し、自ら取り組む子」の育成という2つの目標をかかげています。「幼稚園は就学前の幼児が集団で生活をする場である」というのが私どもの基本的な考え方です。
幼児にとって生活の中心は「遊び」です。その中で「人と関わる力」例えば、友だちとゆずりあったり、一緒に遊ぶことのできる力を身につけていって欲しいと望んでいます。
社会的には、他人に対して無関心であったり、身勝手な人が増える傾向があるとも言われ、子どもたちの中でも気に入った子としか遊ばない、気に入らないことがあると周囲に当り散らすといった現象が見られるようになっています。幼児にとって初めて体験する集団生活の中で、挨拶等の社会的なルールや思いやりの気持ちなどを身につけて頂きたい。幼稚園生活で最も大切なのは、そういった「人と関わる力」を身につけることだと思います。
環境づくりの一環として、園内では意識的に人為的な環境を作らず、自然な状態で自由に遊べるよう配慮しています。人為的なものとは、例えばアニメなどのキャラクターのついた遊具を置くこと。ビデオを使った間接体験をさせることなどです。自然の中で丸い石を見つけて宇宙人の頭と見立てる。鉄棒に縄を吊るして手製のブランコを作るなど、子どもは自らの発想を生かして遊びます。本来子どもが持っている豊かな発想・発見を大切に育てていきたいのです。


保育内容

目標イメージ

当園の保育内容は「自由保育」を基調にしています。一斉に取り組んで「できた」「できない」を問うのではなく、「自分もやってみようという意欲」と「自分にもできたという達成感」を味あわせることを重視しています。そのため必要に応じて、先生や友だちが励ましたり、援助の手を差し伸べ、全員が経験するまで充分な時間を取る方針です。また、子どもの発達に応じて各学年の保育室の環境構成を変えるように工夫しています。年少は、まだ幼いことから先生と充分な心の絆が保たれるよう小集団で運営し、年中は多くの友だちと関わることを目的としてオープンシステムを採用。2クラスの壁を取り除いて自由に往来ができるようになっています。また年長は、学校を意識してクラスごとに分かれますが、必要に応じて行き来できます。
当園では、年長の教室で年少の子どもたちが遊んでいる光景をよく見かけます。少子化で一人っ子の多い時代ですから、自然発生的に起こるこれらの交流は大事に見守っていきたいと思っています。幼稚園は「学校」ではなく「少し大きな家庭である」と考えています。先生はお姉さん、園長はおじいちゃんでいい。お母様、お父様、ご家族の方々と共に「子どもにとって何が幸せか」ということを常に考えながら、今後もこどもにとって魅力的な幼稚園運営を行っていきます。


    

保育の特色

目標イメージ

@一人ひとりに対応した保育の実践
幼児一人ひとりには個性があり、それぞれに発達の差も見られます。一 律に達成目標を立て一斉に展開するのではなく、大きな幅のある計画の中でゆっくりと一人ひとりの育ちを援助していく保育を目標としています。

A幼児期にふさわしい環境づくりを目指す
桜、イチョウ、ケヤキなどの大木がある園庭には、全身を使って遊ぶ遊具やサンルーム風の明るいトイレ。また、園児の成長に合わせ変化させることができる保育室に見られるよう工夫を凝らしています。

B「スープの日」「本読みママさん・パパさん」などユニークな活動がたくさんある
月1回、有志のお母さんたちが昼食にスープを作る「スープの日」には園内いっぱいに美味しい匂いが漂います。園長とお父さん方がグラスを傾けながら語り合う「おやじの会」などもあります。


概要

創立記念日
1943年5月28日
経営主体
学校法人黎明学園
所在地
〒330-0073 埼玉県さいたま市浦和区元町2-11-4
TEL 048-886-5585
定員
年少組   40人
年中組   60人
年長組   60人
教員
年少組   2人(人数に応じて補助教諭有り)
年中組   2人
年長組   2人

主な年間行事

 ・入園式
 ・お誕生会
 ・本読みパパさんママさん
 ・食育の日
 ・お泊り保育(年長)
 ・運動会
 ・おもちつき
 ・クリスマス会
 ・生活発表会
 ・卒園式